FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

乗られ地獄:前編

►2009/04/06 00:57 

K様から明日食事に付き合うようにという急な御命令を頂きました。
翌日、夕方4時過ぎにお会いし、お茶をご一緒してから食事をいたしました。
いつもですと夕方お会いしてお茶、食事、お茶で6時間くらいすぐに経過してしまいます。
その日は食事が終わってもまだ4,5時間時間がございました。
「どうしょうかぁ・・・?」
K様は青犬がお返事する前に歩き始めました。
そして自然にホテルの方角に・・・。
「たまには休憩というのをしてみよう♪」
そういえば休憩というものはあまりしたことがございませんでした。
「お仕事があるのに大丈夫ですか?」
「うん、今夜は必ずちゃんと帰るから大丈夫。」

部屋に入るとまずいつものようにソファでお飲み物を召し上がります。
青犬は床に座ってしばらくお話を・・・ここまではいつもと変わらなかったのですが。
その日は突然青犬をベッドに押し倒して胸の上にお乗りになりました。
『もしかしたら・・・先日おっしゃった「乗られ地獄」を実行なさるのでは?』、そんなことが頭を過りました。
来週、お泊りをなさるご予定でしたのでまさか今日とは予想しておりませんでした。
すでに下着をお取りになって黒のキャミソールだけになっていらっしゃったK様が胸から首のほうにそして顔の上に移動なさいました。
その部分はもうじっとりと汗ばんで青犬の顔面に吸い付くように覆いかぶさります。
両太腿で顔を曲げられないようがっちりと締め付けられ全体重を顔だけで受けなければなりません。
青犬の鼻はK様のお○○○様の中に埋没し口はちょうどアヌス様にピッタリと当てられています。
K様の太腿の隙間から恐る恐る見上げると優越感に浸りきったK様がサディスティックに唇を歪めながら見下ろしていらっしゃいました。
青犬の手足は自由にされていましたが、『こいつは絶対に自分のほうからは逃れようとしない!』という強い自信がおありなのでしよう。
顔面騎乗をなさる方の多くはは危険を避けるためにギブアップの合図のようなものを決めていらっしゃると聞いたことがございます。
K様はそのようなことがとてもお嫌いなので気が済むまでご自分のペースで騎乗なさいます。
「自分が許したとき以外は絶対に呼吸させず、たとえ気絶しようが失神しようが耐え続けるのが奴隷として当然!」、というお考えなのです。

                                              後編に続きます

スポンサーサイト
[PR]

K様Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

コメント

 全てがK様の意思で決定され、ただそれに従う青犬さん。お二人の関係は本当の意味で絶対的主従に近いものだとお察しします。以前も書きましたが、SMパートナーにおける主従関係とは違う高みにお二人ともいらっしゃいますね。しかし僕には、お二人の関係があまりに理想的であるが故に現実離れしてもいて別世界のことのように感じます。
 また「自分が許したとき以外は絶対に呼吸させず、たとえ気絶しようが失神しようが耐え続けるのが奴隷として当然!」・・・K様の揺ぎ無い支配者としての自信が伺えるお言葉に思わずゾクッとさせられてしまいました。


No:435 2009/04/06 16:15 | 直太郎 #85KYmfuIURL[ 編集 ]

>直太郎さん

こちらのブログでは事実だけを書くように努めておりますが、どうしてもK様との関係の一面だけを書くことになってしまうことは否めません。
マゾヒストとしての気持ちを綴るブログであるという性質上そこのところはご理解を頂ければと思います。
何度か書いたと思いますがK様の場合は日常とプレイという分け方はなさいませんのですべてが日常であり主従関係であるといえるかもしれません。
青犬もそこのところはあまり意識しないで当たり前のように思っておりましたが普通の(?)SMパートナーという関係とは少し違うのかもしれませんね。
大変な部分もありますが普段はとてもお優しい方なのでご想像なさるほど苛められてばかりではございません。

「自分が許したとき以外は絶対に呼吸させず、たとえ「気絶しようが失神しようが耐え続けるのが奴隷として当然!」というのは青犬から見てそう感じたことでK様がお読みになったら叱られてしまうかもしれません。
ただ、どのような行為をなさるときも御願いされたり奴隷のほうから誘導したりすることだけは絶対にお許しになりません。
そのときの気分次第でご自分のなさりたいことだけを奴隷の意思や好みなどはまったく無視なさって行動にうつされます。
奴隷の好みにある程度合わせて喜ぶ姿を見るのがお好きなご主人様をお持ちのM男性を時々羨ましく思うこともありますがやはり青犬にはK様が最高で唯一のご主人様です。



No:436 2009/04/06 17:21 | 青犬 #jzH1MgWIURL編集 ]


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。