FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

強烈な体験

►2009/02/27 15:05 

以前の日記に書いたことがあったような気もするのですが、もし重複してしまったらお許し下さい。
たしか2年ほど前のことでございました。
その頃はまだスキンシップをまったくお許し下さらず舌奉仕はおろか顔面騎乗すらなさいませんでした。
鞭やビンタのような青犬が苦手としていた苦痛系の行為ばかりでとても辛い時期でございました。
後で考えるとK様は青犬の忠誠心をお試しになっていたのだと思います。
苦手な行為だけの主従関係にどれだけ耐えK様についていくことができるかという試練だったのではないでしょうか。

だいぶ昔のことですがホテルでK様が青犬にお尋ねになりました。
「お前、あたしの体から出たもの欲しい?」
いったい何なのでしょうか・・・頭の中をいろいろな可能性が駆巡りました。
その頃はまだ聖水も拝受しておりませんでしたので不安と期待に胸が高鳴ってしまったのです。
もちろん「はい、頂戴させて下さいませ、ありがとうございます。」と、お答えいたしました。
「じゃあ目隠しをするから♪」
何も見えない青犬の前でバッグから何か取り出していらっしゃるような気配がいたしました。
「口を開けて!」
何が得体のしれないものが口の中に入れられました。
『?・・・もしかして!』
「目隠し取ってもいいよ。」
目の前にK様のサディスティックで悪戯っぽい眼差しが青犬を見つめておりました。
「何だかわかる?昨夜、彼とセックスしたときのだよ♪」
それは口の辺りを括った使用済みのコンドームで中には彼氏様の精液がそのまま残されておりました。
「ありがたく頂きなさい!あたし達が愛し合ったときのだから♪」
「外側はあたしの味がするでしょ?(笑)」
たしか、口に入れられたままでしばらく鞭打たれたと思います。
「ちゃんと味わってる?」
残酷そうに青犬の辛そうな顔を見つめてお尋ねになります。
「歯で咬み破ってごらん!」
躊躇する青犬を叱るように「嫌なの?」
「いいえ、とんでもございません。」
思い切ってそれに歯で小さな穴をあけるとじんわりと口の中に彼氏様の香りが広がりました。
同じ男性として彼氏様と自分の立場の差をつくづく思い知らされました。
「彼氏に感謝しながらちゃんと全部飲むのよ!」
「はい、ありがとうございます!彼氏様に感謝して全部頂きました。」
その体験はあまりにも強烈で今でも脳裏に焼きついております。
その後の2年間の厳しいご教育で今ではK様専用汚物処理奴隷として少しは使い物になるようになりました。
これからも慢心することなく努力を続けてまいりたいと思っております。

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

K様Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

初めて聞きました。
貴重な体験談をありがとうございます。

以前懐かしの某掲示板で、K様が顔面騎乗は本当に好きな男にしかしない、というようなことをおっしゃってたのを思い出しました。

してみると青犬さんは今やK様のお気に入り……。果報者な青犬さんにボクもあやかりたいものです。


No:390 2009/02/27 15:36 | パピー #ok9UAN9MURL[ 編集 ]

>パピーさん

貴重といいますか・・・かなり抵抗がありましたがK様のご命令に背くことはできず泣く々させて頂きました。

K様が青犬のようなものに心を許して下さることには本当に感謝しております。
苦手なことも多く奴隷としてのレベルはかなり低いと思いますがとても良くして下さいます。
自分でもつくづく果報者だと思います。


No:391 2009/02/28 01:38 | 青犬 #jzH1MgWIURL編集 ]

すごいです

ものすごいですね。
もし私がそんなことをしてしまったら、
なにか人としてのプライドがずたずたになってしまう気がします。
ちょっと私には無理かもしれません。
いや、私にも青犬さんのような“本当の出会い”があれば、
その方のお導きで、そこまでできるようになるのでしょうか・・・。
泣きじゃくりながらソレを嚥下する自分を幻視してしまいました。


No:396 2009/03/01 23:50 | ゴミムシ #yLURW2oEURL編集 ]

>ゴミムシさん

かなりの抵抗がありましたがどうしても逆らえず腹を括りました。
男性としてこれ以上ない屈辱と嫌悪感を感じましたがK様のご命令では従わないわけにはまいりませんでした。
K様に捨てられることのほうがもっと怖かったのです。
同時に青犬にそんなことまでさせるK様の残酷さにさらに魅かれてしまいました。


No:397 2009/03/02 06:18 | 青犬 #jzH1MgWIURL編集 ]


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。