FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

アンビバレント

►2014/07/19 22:39 

今の青犬の心理状態はまさにそんな感じです。
以前は奴隷としての感情が男性としてのノーマルな想いを抑制し意識しないように極力努めてまいりました。
でも、K様は青犬よりも二回りもお若くその上美しくてとても魅力的な女性でございます。
そんなK様に恋愛感情をまったく持たずにお仕えし続けるのはとても難しいことでした。
それでも奴隷である自分がそんな不埒な感情を持つことは許されないと思い抑え続けてきたのです。

でも今回の再々雇用ではまったく条件が変わってしまいました。
K様にノーマルの恋人様ができたのです。
それまで抑え続けてきた男性としての感情にとって危機的な状態になってしまったのです。
そうなると今度は危機感を持つことでその感情が浮上してしまいました。
マゾヒストとしてはとても微妙な状況ですが相反する男性としての想いにとっては純粋な苦痛でしかありません。
今の状況でアンビバレントな二つの感情を融合させることはとても難しくその時の心理状態で片方が強くなったり弱くなったりとても不安定です。
この三か月余りは苦悩の日々を過ごしました。
一日中万力で心臓を締め付けられるような苦しみを味わい続け食事や睡眠もままなりませんでした。
あまりの苦しさに三日に一度はK様から離れることを考えました。
そうしなければ自分が壊れてしまうのではないかという危機感を覚えたのです。
でも、たとえどのような苦しみが続いてもK様のいらっしゃらない人生は無意味に思えました。
それくらいK様に対する想いが10年間の間に強くなっていたのです。

そして現在の状況を肯定しなければこの苦しみからは逃れられないという結論に達しました。
肯定するとはどういうことかといえば自分が奴隷であるという自覚をさらに強く持つことで男性としての想いを徹底的に封印することでした。
言うは易し行うは難しで現実的には受け入れるのは非常に困難でしたが力ずくでコントロールしております。
今回の再々雇用をお許し下さった時に言われた「私の側に居たいのなら今まで以上に奴隷として扱うことになるから覚悟しなさい♪」というお言葉が日毎に身に滲みてまいりました。



スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

K様Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

コメント

青犬さんのお苦しみ、お察し致します。
けど、世の中には恋人としては元より、奴隷としてさえお側にいれない、ボクみたいな奴もいます。

奴隷でも、恋人がいらっしゃっても、お慕いする女性のお側に置いて頂けるだけで、至上の幸運と、ボクには思えるのです。

それに、ある意味奴隷は無敵の存在ではないでしょうか?
恋人なら、新しい恋人が出来た時に捨てられてしまいますが、奴隷はそんな事には関係なく、ずっとお側に置いて頂く事も可能です。
恋人を超える立場ではないでしょうか?


No:927 2014/07/21 05:24 | シンジ #ok9UAN9MURL編集 ]

>シンジさん

ありがとうございます。
とても勇気づけられました。
K様も、お友達のY様もそう言って下さいました。
自分の身分や立場は十分わかっているつもりなのですが感情を制御することは難しくて悩ましいです。
奴隷としての修行がまだまだ足りませんね。
でも、最近は奴隷としての自覚をしっかり持てるようになってまいりました。
これからも全力を尽くしK様の幸せのために努力を続けたいと思っております。




No:928 2014/07/21 12:29 | 青犬 #RVWVmuscURL[ 編集 ]

どうして…

客観的に見れば、この21世紀の日本に、一人の女性がいて、また、一人の男性がいる、ということになるわけです。
もちろん社会的には二人は対等です。
その対等のはずの二人が、どうして片方が片方を“奴隷”にし、片方はこんなにも徹底的に苦しまなければならないのか…。

考えてみればとても不思議なことです。
女性が魅力的だから、では答えにならないでしょうが、さりとてほかの答えも見つからないような気がします。


No:929 2014/08/03 08:54 | ゴミムシ #yLURW2oEURL[ 編集 ]

>ゴミムシさん

最初にお近づきになるときは好き好んで適度な苦痛を求めていたのだと思います。
毒薬も少量なら薬になるように適度な苦しみや痛みは我々マゾヒストには喜びと感じられます。
でも、肉体的にも精神的にも痛みや苦しみがある限度を超えると恐怖も伴いただの苦痛でしかなくなってしまいます。
その限度は絶対的なものではないため上手にコントロールされるとどこまでも無限に広げられてしまいます。
相手の精神状態を見極めながら徐々に慣らされると最終的には思い通りになるのです。
これは精神的な部分、例えば屈辱感や劣等意識などにも同じことが言えます。
それはSMのテクニックなどではなく相手を完全にコントロールできる生まれつき備わった才能なのだと感じます。
脳が次第に魔力に侵され気がついたときはすでに遅く離れることができないくらい相手の魅力に溺れて自分の意志ではどうやっても動きがとれなくなってしまいます。
適度といえる状態はもうとっくに過ぎているのに・・・。

K様は今の状態にとても満足なさっています。
考えられないくらいの完全な上下関係がごく自然に成り立っているからです。
この状態は客観的にみればマゾヒストにとって理想的なものなのかもしれません。
しかし現実になってみると想像を遥かに超える精神的な苦痛や悩みが待ち受けていたことに気づきます。
それでも後悔の念は不思議と湧いてこないのです。
そこまで脳内が侵されてしまっているからなのでしょうか。
おっしゃるように21世紀の世の中で鎖に繋がれているわけでもなく、どうしても逃げ出そうと思えば可能なはずなのに何かにがんじがらめに縛られている状態、とても不思議な気がいたします。


No:930 2014/08/03 16:30 | 青犬 #RVWVmuscURL[ 編集 ]


コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。