FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

豚の調教

►2010/02/09 02:05 

ソファにお座りになるK様とお話させて頂いていたときに突然、「豚便所って知ってる?」と訊かれました。
どうも嫌な予感がしてお返事しないでいますと「昔の中国では・・・・・・・。」というご説明が。
トイレの床下に豚を飼って人間が排泄したものを与えると食べてしまうということでした。
なぜ?そのような話題を? だんだん不安な気持ちになってきました。
「今日おいしい店の大福買ってきたんだよね、お前のはないけど♪」
「食べたい?」ここらへんは慎重にお答えしないといけないことは過去の経験から学んでおります。
「一つは豆大福だよ、でも豆は嫌~い。」
それなら何故わざわざ豆大福になさったのでしょうか。
「餌皿出して!そこ!」
先日、持参するように申し付けられた中型犬用の餌入れを取り出して床に置きます。
「豆はお前にやるね。」
おいしそうな大福を召し上がりながら餌皿の中に豆を数個吐き出して下さいました。
「食べてもいいよ、手は使わずにね!」
床に這いつくばり餌皿に顔を入れてK様が吐き出した豆犬のようにを食べます。
「これもやる~。」
今度はグチャグチャに噛んだ唾液混じりの大福の欠片が餌皿に吐き出されます。
『こういうことなら豚もそんなに辛くないなぁ・・・。』
その後何をされるかも想像もせず甘い考えでおりました。

「縄持ってきたよね?出してご覧。」
たちまち手際よく亀甲縛りのような形で手足まで拘束されてしまいました。
ベッドに仰向けに押し倒されます。
身動きがまったくとれない青豚の顔の上に後ろ向きになったK様が座られました。
アヌス様をピッタリと口に密着なさいます。
「まず周りから舐めて!」
アヌス様の周りの襞の部分にそっと舌をあててご奉仕を始めます。
しばらくすると「舌を奥に入れて!」
最近のK様はアヌス様への御奉仕がとても気に入られたようで必ず長い間お使いになります。
やはりお体の一番汚いとされている部分を舐めさせることに最高の優越感を感じられるそうです。
「ちょっと待ってなさい!」
そうおっしゃるとK様はトイレに向かわれました。

「お尻の穴に口をつけて!」
『もしや・・・?』
ピッタリと唇を密着させた青豚の口の中に勢い良くお尻水が注ぎ込まれます。
「舌を奥に入れて!」
奥深くまで挿入させた舌先になにかが触れた感触が・・・。
さらに舌を伸ばし内壁を刺激し続けると第一のと御聖物が排泄されました。
ただちにそれを呑み込みます。
しばらくすると第二番目の塊が口の中に落とされました。
上を向いて寝た姿勢ですと呑み込みにくいため少し躊躇したとたんにまた次の塊が・・・。
こんなことは初めての経験でございました。
今までは一回に一塊しかお与え頂かなかったので考えてもいなかったのです。
口の中一杯に溜まると呑み込む事がとても困難になるのです。
苦しむ青豚の表情をK様がじっと観察していらっしゃいました。
絶対に吐き出したりするわけにはまいりません。
少しだけ姿勢を起こさせて頂きましたがすでに体が拒絶反応を起こし吐き気が襲ってまいりました。
思い切って呑み込もうともがきながら拒絶反応と闘いなんとか一塊づつ呑込むことができました。
「便器に出すのとまったく同じ気持ちでしちゃった、お前の口にすると何の抵抗もないから不思議だよね♪」
今回で5回目の御聖物拝受でしたが今月で豚調教は終わり(?)ということになりました。
2月からはダイエットを兼ねたさらに厳しいご調教が待っております。
気持ちを新たにしてK様のためにお仕えしていく覚悟でございます。


スポンサーサイト
[PR]

K様Comment(14)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。