FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ある日の御奉仕③

►2009/10/24 10:13 

地獄のような顔面騎乗責めがやっと終わり一息つく間もなく横になられたK様の太腿に挟み込まれ首や顔を締め上げられます。
スポーツで鍛えられた弾力のある太腿がまるで大蛇のように巻きつき決して逃れることができません。
髪を摑まれ股間の奥深くまで挟み込まれて締め付けられながら柔らかい太腿の内側の部分を顔にぴったり押し付けられ呼吸を奪われます。
御気分が高揚なさると今度は鼻をオナニー道具になさり顔中がK様の分泌物でぐちゃぐちゃになるまでお使いになります。
分泌物が溢れ出したその部分に鼻腔を押し付けながら 「全部お前の鼻で全部吸い取ってお掃除して!」 というご指示が下りました。
鼻腔を開きまるで電気掃除機のように音をたてながら汚れをすべて吸い込むまでお許しが出ません。
そしてまたお尻の隙間に強く挟み込まれての窒息責めが続き鼻腔をお尻の穴にぴったりと押し付けられ御聖風を鼻腔から注入されます。。
以前からK様は青犬に対して一切の遠慮や気遣いなどなさいませんでしたがこの頃はさらに淫靡で残酷な行為をなさるようになりました。
青犬が御自分のS性や性欲を満足させるための道具であり何をしようがどんな残酷なことをしようが感謝しながら従うことを確信なさったのでしよう。
青犬もK様が残酷になればなるほど、酷いことをされればされるほど信頼されていることを実感するようになりました。
最近は自分の奴隷としての生き方が少しずつわかってきたような気がいたします。
自分の欲をすべて捨て去りK様の快楽のためだけの道具になりきれる日もそんなに遠くないかもしれません。

                                                        完

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

K様Comment(8)Trackback(0) | Top ▲

ある日のご奉仕②

►2009/10/24 02:45 

まず、青犬の胸のあたりに跨りこれから拷問されるのを待つ哀れな獲物の様子を確認なさいます。
そしてじわじわと前のほうに移動しながら最後に顔の上に御騎乗。
手足が自由な場合と拘束された場合では乗られる恐怖感がまったく違います。
ただでさえ全体重で押さえつけられると抵抗できなくなりますが全身を拘束されているとまったく身動きがとれません。
どんなに苦しんでもがいてもどうにもならならずただただお許し下さる瞬間を待ち続けるだけしかできないのです。
もしもK様が青犬を殺そうとお思いになったらいとも簡単にできてしまうことでしょう。
その日の騎乗はいつのも増して厳しくK様の強さと恐ろしさを存分に味わわされました。
最近のK様の御騎乗はどうすれば一番効果的に苦しめることができるかいろいろ微妙に位置や角度を変えながらお楽しみになります。
かすかに呼吸ができる隙間をわざと与えてじわじわと苦しめられたり、完全に呼吸を奪って限界まで苛めたりいろいろ試されるのです。
ほんの一瞬だけお尻を上げすぐにまた呼吸を止めるのが一番お気に入りのようです。
息を吸うためにはまず今迄肺にあった空気を吐き出さなければなりませんが一瞬の間だと吐くだけで新しい空気を吸うことができません。
限界まで苦しめられ肺に溜まった息を吐き出し新しい空気を吸い込もうとした瞬間あっという間にまた無慈悲なお尻に潰されてしまうのです。
K様はこの方法が一番辛いことをよくご存知で飽きられるまで何度も何度も繰り返されます。

                                                       続く

K様Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ある日の御奉仕①

►2009/10/23 12:10 

三週間ほど前にお使い頂いたときのことを思い出しながら書かせて頂きます。
その日は部屋に入ってソファで一休みなさった後、全身オイルマッサージをするよう命じられました。
ベッドの上のK様の全裸のお身体は適度なボリゥームがありお尻から括れたウェストのラインの美しさに目が眩みそうになってしまいます。
すべすべとしたK様のお肌の感触を掌に感じドキドキしながらマッサージをいたします。
数年前に患った腱鞘炎のせいで指先に力が入りませんがそんな悠長なことを言ってはいられません。
ズキズキする指先の痛みに耐えながら力を込めてK様が快適に過ごされるように頑張らなければならないのです。
両足が済むと両腕、そしてうつ伏せになって頂き反対側を脹脛からお尻のほうまでオイルを擦りこむようにして揉ませて頂きます。
最後に背中、お腹、胸などにもオイルをたっぷり塗りながらマッサージをして終了いたしました。
1時間余りだったとと思いますが青犬の指は感覚が無くなりは全身汗だくになってしまいました。
リラックスなさった後はいつもどおりベッドの上で飲み物を召し上がりながらまったりと過ごされます。
でも、まったりなさるのはK様だけで青犬は一時も楽をさせて頂けません。
まず、革製の拘束具で両腕と両足を胴体に固定されまったく身動きができないようにされベッドに仰向けに転がされます。
この拘束具はK様がお友達のM男性でプロ並の革細工をなさる○○さんに依頼して作って頂いたものです。
両手首を太腿に巻いた革ベルトに固定し足首も固定されるのでまったく動けなくなってしまいます。
金縛りにあったような青犬を上から見下ろされたK様はとても満足そうなご様子でした。
『さぁ・・・これからどうやって料理してやろうか♪』と、考えながら残酷そうな笑みを浮かべたK様は本当に美しくそして恐ろしく見えました。

                                                        続く

K様Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

ブログを拝見して

►2009/10/18 06:59 

K様のブログ『毒蛇苺』を拝見して感じたことを書かせて頂きます。
最新のエントリーで「ナプキンネタから始まるブログ、嫌いじゃないけどマニアじゃないからね。」というお言葉が目に付きました。
そのお気持ち青犬にはとてもよくわかる気がいたします。
それにしてはよくあそこまで!と、お思いになる方も多いのでしょうね。
K様にとって奴隷に排泄物を与えるという行為はそれほど特別なことではございません。
鞭打ったり傷をつけたり乗ったりなさるのと同じように流れの中でなさる自然な行為なのですね。
『飼い主の排泄物くらい奴隷なんだから口にして当然、当たり前なんじゃない?』というお考えなのだと思います。
SMプレイをなさっているという意識などまったくないところがK様の非凡なところなのではないでしょうか。
その他の行為と同じで奴隷の忠誠心をお試しになるためになさっているだけなのだと青犬は考えます。
そんなK様に長い間仕えさせて頂いて青犬の意識も随分変わってまいりました。
「御聖血」「御聖水」「御聖物」その他どんなものをを処理させられてもそれほどの違いを感じなくなってしまったのです。
ご主人様のお体がいらなくなったものを処理させて頂くだけで自分が好きかとか苦手だとかはほとんど考えません。
あんなに苦手だった御聖血拝受でさえご不自由をおかけすることなく役割を果たせるようになったのです。
何を口に入れられてもK様が与えて下さった仕事を有難くさせて頂くという感覚なのです。
以前、「お前をあたし専用の汚物処理奴隷にしてやる♪」と、宣言なさったことを思い出します。
今ではその時のお言葉どおりK様のお捨てになるものは何でも躊躇無く呑み込めるようになりました。
今後も更に完璧な処理道具となれるよう努力しK様から誉めて頂けるような汚物処理奴隷になれればと願っております。

※K様、身の程を弁えず偉そうなことを書いてしまい申し訳ございませんでした。
 どうかお許し下さいませ。





K様Comment(8)Trackback(0) | Top ▲

ご無沙汰いたしました

►2009/10/08 01:45 

長い間ご無沙汰してしまいました。
何人かの方々からメールで励ましのお言葉を賜りました。
本当にありがとうございました。
特別に何かあったわけではなくK様には今までどおりお仕えさせて頂いております。
何となく書く機会を逸してしまいそのまま時間が経ってしまいました。
また、少しずつ書かせて頂くつもりでおりますのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

K様がブログをお作りになりました。
『毒蛇苺』という怖い名前のブログですが内容もかなり恐ろしいです。
リンクさせて頂きましたのでどうぞご訪問下さいませ。

お知らせ、お詫び等Comment(14)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。