FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

入り口での仕事

►2009/08/23 08:38 


以前のことですが何度かK様のお供でSM系のパーティーに参加させて頂く機会がございました。
会場に入るとき参加者は靴を脱ぐことになっていましたが女性の場合はファッションを考慮してお靴のままお入りになります。
入り口に迎えに出た女性から渡されたウェットティシューで靴の裏を拭いてから入室するのです。
「K様は奴隷がいるからいらないわよね?」
そう聞かれたK様はニヤリとなさって
「うん、いらない♪ お前舌で綺麗にして!」
即座に跪いて頭をなるべく低くしてK様のブーツを支えながら舌で清めさせて頂きます。
それまで街中を歩かれたブーツの裏は泥や埃でかなり汚れていました。
何を踏まれたかわからないので少し不安になりましたがそんなことを考えてはいられません。
ブーツのソールに使われた樹脂と泥の味が混ざった靴底を懸命になって舐めていると
「まだぁ? 遅い~!」
K様が不機嫌そうにおっしゃいます。
「こっちもよ!」
舌がザラザラして痛くなりましたがもう片方のブーツの裏も急いで綺麗にしなければなりません。
「ちゃんと綺麗になったぁ?」
「よし! もういいよ。」
ミニのスカート姿で颯爽とお部屋の中に入られる後姿に見とれながら自分の靴を片付け後を追いかけました。
何度かこんなことがございましたが大勢の方々の前でハイヒールやブーツの裏を舐めさせられるととても惨めな気持ちになります。
S女性様やM男性だけではなく普通の方々がいらっしゃる場合はなおさら恥ずかしくて思わず顔が火照ってしまいます。
でも、会場に入るとK様の椅子にされたり足台としての使役が待っていますから奴隷には恥ずかしがっている暇などないのでした。



スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

K様Comment(24)Trackback(0) | Top ▲

チャットで

►2009/08/16 23:29 

昨晩のK様とのチャット中の会話です。

「早く海行きたいなぁ!」
「踏み絵ゴッコした~い!」
「踏み絵ゴッコ? それはなんなのですか?」
「砂浜に顔だけ出して埋めて踏むの♪」
「・・・・(汗)。」
「以前友達と海に行ったときによくやってた。」
「磔の形で埋めて友達と二人で乗ったりもしたよ。」

そういう恐ろしいことをまったくSMという認識無しになさっていたのですから・・・。
当時の彼氏様はMではなかったらしいですがよく耐えましたねえ。
その頃のことをお聞きすると今青犬にしていらっしゃることとそれほど変わりません。
う~ん・・・ノーマルの彼氏にもそんなことを受け入れさせてしまうなんて凄い!
子供の頃からずっと付き合った彼氏(皆ノーマル)には同じようなことさせてきたらしいです。
ご自分は彼氏を呼びつけにするのに相手には「様」か「さん」を付けさせ、下着は必ず手で洗わせ、馬にしたり犬のまねをさせたり・・・etc。
それって奴隷と同じ扱いじゃないでしょうか?
「みんなちゃんということをきいたよ♪」
青犬はMですからしかたがありませんが普通の男子が皆そんなことをさせられていたなんて、怖いですねえ。

※追記※

廃奴さんからのコメントを拝見して思い出したことがあるので書き足します。
お教え下さった『水馬』ですが、K様とのチャットの中でもそのようなお話がございました。
それは『浦島太郎ゴッコ』というお遊びで廃奴さんの『水馬』とよく似ています。
浦島太郎が海亀の背中に跨るように彼氏に乗って泳がせるというものですが、さらに酷いのは息継ぎをしようとすると髪を掴んで水に浸けて息をさせないんだそうです。
砂浜では踏み絵にされたり馬にされたり、水に入ると海亀にされるんですから堪りませんね。







K様Comment(21)Trackback(0) | Top ▲

圧迫

►2009/08/11 06:40 

K様が乗り好きであらせられるということは過去の日記にも何度か書いたと思います。
最近、思うのは乗るのがお好きなだけでなく圧迫もお好きなのではないかということです。
何を今さらとお笑いになるかもしれませんがK様があまりにも自然になさっていたので青犬も特に意識いたしませんでした。
苛めるとかSM行為をするとかではなく日常の行為としてごく自然になさるのです。
皆様が椅子の肘掛に肘をついたり背もたれに寄りかかられるのと同じような感覚なのかもしれませんね。

ソファにおかけになって寛がれているときなどは床に座った青犬の顔に両足をお乗せになります。
両足裏で顔を覆われてしまうのでK様のお顔を拝見することはできませんがリラックスなさっているご様子です。
片足を顔の半分に押し付けながらもう片方の足指で鼻を押し潰したり口を塞いだりして青犬が苦しむのをご覧になりながら煙草をお吸いになるのもお好きですね。
「気が付くと乗せちゃってるのよね♪」
K様が笑いながらそうおっしゃるのをお聞きすると青犬はとても幸せな気持ちになります。

太腿でで首を締めつけたり、片方の太腿で首を押さえてもう片方の腿の裏で口と鼻を圧迫なさることもお好きなようです。
叱られるかもしれないので見ないように気をつけておりますがセクシーな黒のTバックのパンティが視界に入ってしまうことがございます。
青犬の弱みをご存知のK様はわざと見せびらかすようになさいますがとても怖くてまともに見ることはできません。
でも、おみ足を高く組まれたり膝を抱えてお尻を持ち上げたりなさって青犬をからかうK様の魅力的なお姿に最後は必ず屈服し吸い寄せられてしまうのです。

そういえば数年前、初めてK様にお会いした頃にうかがったことがございました。
「あたしは道具なんか使わずに自分の体を使って痛めつけるのが好きなの♪」
ビンタ、蹴り、踏みつけ、締め付け、顔面騎乗などがお好きでしたが、思い出すとお使いになる武器はいつもご自分のお体の一部でした。
攻撃なさるのは主に青犬の顔面でしたから数年前と比べると青犬の顔は少し変形してしまったかもしれませんね。

顔の変形で思い出しましたがK様は青犬の顔をオナニー道具として御使用になることがございます。
舌奉仕をさせるのではなく完全にご自分がコントロールなさらないと気が済まないのですからK様らしいですね。
青犬の髪を掴んで顔を股間に挟み込み強弱をつけながら腰をお使いになられます。
「舌を伸ばして動かさないで!」
ご命令が下ると思い切り舌を伸ばしお許しが出るまで固定させていなければなりません。
時間が経つと舌の根本が痺れて辛くなりますが動かしたり引っ込めたりすることは許されないので必死に耐え続けます。
鼻腔はK様の分泌液で一杯になり口も圧迫されて呼吸もままならない状態が続きます。
腰を緩やかに回されたり強く大きく振られたり、青犬の顔は荒波に翻弄される小船のように揺さぶられ続けながら完全な道具と化してしまうのです。

どれだけ時間が経ったかわかりませんがようやくご満足頂けたらしく青犬の顔面は解放されました。
ぐちゃぐちゃにされた青犬の顔をご覧になりながら気だるそうな表情のK様がおっしゃいます。
「汚ったないなぁ~! 自分の顔鏡で見てごらん!」
バスルームの鏡に映る自分の顔は酷く汚されて見るも無惨な有様でした。
『ご自分で汚されたのにひどい・・・。』
青犬は少し悲しくなってしまいました。
でも・・・崇拝するご主人様が汚して下さったのですから感謝をしなければいけませんね。



K様Comment(10)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。