FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

青犬の仕事

►2009/06/28 15:53 

最近、K様がなさったことを思い出しながら書いてみます。

《トイレでの仕事》

トイレからお声がかかりました。
「 来て!」
洋式便器にお座りになったK様が足を広げておられます。
「後始末!」
「かしこまりました!」
おみ足の間に這いつくばってトイレットペーパーの代わりを務めます
奴隷をただの道具としてお使いになるだけでサディスティックなお気持ちさえなくあたりまえの仕事をさせているだけというご様子です。
上から見下ろすそんなK様の眼差しは本当に美しく魅力的だといつも思います。
直接与えるよりトイレットペーパー代わりにお使いになるほうがより優越感をお感じになるのでしょうか。
たしかに御聖水を与えられるのは奴隷にとって大きな喜びではございますがトイレットペーパーの代用に舌を使われるほうがより実用的で惨めな気がいたします。
K様にとっては奴隷を喜ばすことなどしたくないというお考えなのかもしれません。
ご自分が楽をなさるついでに奴隷に惨めな思いもさせられる一石二鳥の御使用方法なのでしょう。

《痰壷としての仕事》

最近のK様は少し風邪気味なのか痰が喉に絡まるご様子です。
「口あけて!」とご指示を頂き喉を鳴らして溜まった痰唾を青犬の口の中に吐き出されました。
口の中に塩辛いようなヌルッとした感触の痰が注ぎ込まれますがすぐに飲み込むことは許されません。
「まだ、飲み込んじゃだめよ!」
「どお? ふふ♪」
意地悪そうに青犬の顔を覗き込まれます。
しばらく口の中で味わわされやっとお許しが出ました。
「飲んでよしっ!」
しばらくするとまた・・・何度もそれが繰り返されます。
最後はお茶でうがいをなさって青犬の口に吐き出されました。
以前言われた 「お前はあたし専用の汚物処理奴隷だからね!」 というお言葉を思い出しました。
でも、K様にとっては御自身の排泄物は汚物ですが青犬とっては宝物です。
2年ほど前には普通の人達と同じように嫌悪していたものを今では感謝して頂くようになってしまったのですからつくづく不思議なものだと思います。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

K様Comment(10)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。