FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

青犬の仕事

►2009/06/28 15:53 

最近、K様がなさったことを思い出しながら書いてみます。

《トイレでの仕事》

トイレからお声がかかりました。
「 来て!」
洋式便器にお座りになったK様が足を広げておられます。
「後始末!」
「かしこまりました!」
おみ足の間に這いつくばってトイレットペーパーの代わりを務めます
奴隷をただの道具としてお使いになるだけでサディスティックなお気持ちさえなくあたりまえの仕事をさせているだけというご様子です。
上から見下ろすそんなK様の眼差しは本当に美しく魅力的だといつも思います。
直接与えるよりトイレットペーパー代わりにお使いになるほうがより優越感をお感じになるのでしょうか。
たしかに御聖水を与えられるのは奴隷にとって大きな喜びではございますがトイレットペーパーの代用に舌を使われるほうがより実用的で惨めな気がいたします。
K様にとっては奴隷を喜ばすことなどしたくないというお考えなのかもしれません。
ご自分が楽をなさるついでに奴隷に惨めな思いもさせられる一石二鳥の御使用方法なのでしょう。

《痰壷としての仕事》

最近のK様は少し風邪気味なのか痰が喉に絡まるご様子です。
「口あけて!」とご指示を頂き喉を鳴らして溜まった痰唾を青犬の口の中に吐き出されました。
口の中に塩辛いようなヌルッとした感触の痰が注ぎ込まれますがすぐに飲み込むことは許されません。
「まだ、飲み込んじゃだめよ!」
「どお? ふふ♪」
意地悪そうに青犬の顔を覗き込まれます。
しばらく口の中で味わわされやっとお許しが出ました。
「飲んでよしっ!」
しばらくするとまた・・・何度もそれが繰り返されます。
最後はお茶でうがいをなさって青犬の口に吐き出されました。
以前言われた 「お前はあたし専用の汚物処理奴隷だからね!」 というお言葉を思い出しました。
でも、K様にとっては御自身の排泄物は汚物ですが青犬とっては宝物です。
2年ほど前には普通の人達と同じように嫌悪していたものを今では感謝して頂くようになってしまったのですからつくづく不思議なものだと思います。

スポンサーサイト
[PR]

デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!

K様Comment(10)Trackback(0) | Top ▲

60時間合宿(後)

►2009/06/22 14:06 

名誉の負傷

深夜に目が覚めるとすでにK様はお目覚めになっておられました。
「大変失礼をいたしました、お許しくださいませ。」 あわててお詫び申し上げます。
K様が御休みになった後で眠りお目覚めになる前に起きるのが奴隷としての鉄則なのですがいつも失敗ばかりしてしまいます。
そのときは特別お咎めもなく青犬の胸に跨られて煙草を吸われました。
「耳の中が痒~い・・・。」小指の尖った爪先でお耳のお掃除をなさり 「あげるぅ♪」 と爪先を青犬の口にいれます。
両耳がすむと次は両目の目脂を指先でお取りになり 「これもぉ♪」
いつも清潔にしていらっしゃるK様ですからほとんど何もついていない爪先でしたが一生懸命に舐め取らせて頂きました。
思えばK様のお体から分泌されるもの排泄されるものはほとんど口にさせて頂きました。
新しいものを頂く度にK様の完全な奴隷に近づけたような気がいたします。

その日のK様はいつになくドSモードに入っていらっしゃいました。
青犬の胸に跨り膝で両腕を押さえつけて激しくビンタをなさりながら
「あたしから逃げようなんて考えたら殺すからね・・・・逃げなくても殺すけど♪」
「お前、そのうちあたしに苛め殺されちゃうんじゃない? でも逃げられないよ♪」

「あ~あ・・・こんなに汚れちゃった・・・お前のせいだよ。」
そうおっしゃりながら青犬の顔に秘部はを押し付けながらお座りになりました。
「凄いでしょ? お前を苛めてるとこんなになっちゃうの♪」
K様の秘部は溢れんばかりに濡れていて青犬の鼻腔に流れ込んでまいりました。
「お前、責任取れ!」
そしていつ果てるともない御奉仕と苛めがが始まりました。
柔らかい太腿で大蛇が絡みつくように首を締め付けられてしまうと頭が真っ白になってまったく抵抗ができなくなってしまいます。
『このまま殺されてしまうんだろうか・・・いや、絞め殺されてしまいたい。』
気が遠のく瞬間にふとそんな思いが脳裏をかすめました。

※ 画像はK様がつけて下さった痣です(涙)

K様Comment(12)Trackback(0) | Top ▲

60時間合宿 (前編)

►2009/06/22 08:13 

群馬の温泉に行ってまいりました。
旅行にご一緒させて頂いたのは久々なのでとても幸せでございました。
K様のその日のお洋服はノースリーヴのブラウスとデニムのミニスカートに生足&サンダル。
運転する青犬の膝の上におみ足を伸ばしてお乗せになりリラックスなさいます。
ミニスカートから伸びたおみ足や太腿が視界に入ってドキドキさせられっぱなしでしたが何とか無事目的地に着くことができました。
旅館に到着したのは夕方4時くらいでしたが早速露天風呂へ。
夕食が済んで部屋に戻ると既に布団が敷いてありました。
いつものように飲み物を召し上がりながらしばらくお話を。
そしていつもどおり数時間の御奉仕と苛めが繰り返されましたが和風旅館だったためお声を出されるのを我慢していらっしゃいました。
翌日は宿で昼食をとってからドライブや近くの湖を散策したりしてから東京に戻りました。


夜の7時頃東京に着き、レストランで食事の後いきつけのラブホテルへ。
前夜は音がしないように気をつけたりお声を洩らさないように我慢なさっていたのですがラブホテルなら安心です。
いつもならしばらくソファで寛がれるK様ですがその日はシャワーを浴びてすぐにベッドへ直行。
「お前、運転して疲れたでしょ?少し眠っていいよ。」というお優しいお言葉を頂きましたがうとうとした途端に髪を掴まれて鼻をK様のアヌスにピッタリ押し付けられました。
「全部吸い込めよ!」「少しも洩らすなよ!」
普段はあまり乱暴な言葉をお使いにならないK様ですが珍しくきつい調子でおっしゃいました。
「はい、ありがとうございます!」
K様がお尻の穴から出して下さった香りを思い切り鼻腔で吸い込みます。。
とても疲れておりましたのでまるで麻酔をかけられたようにK様の股間に挟まれたままで数秒間うとうとしてしまいました。
「油断してるといくよ!」というお言葉と同時にかすかな音と共に麗しい香りが・・・あわてて少しも洩らさないように鼻で吸い込みます。
それが何度か繰り返された後、いつの間にか眠ってしまいました。

                                               後編に続きます

K様Comment(6)Trackback(0) | Top ▲

K様の御機嫌

►2009/06/03 23:59 

K様にはその日のご気分次第で優しくして下さるときととても残酷なことをなさるときがございます。
ご機嫌が麗しい日はほとんど苛められることもなくまったりとした時間が続きますが、そうでないときはとても残酷な仕打ちをなさるのです。
数日前にもお呼び出しがありましたが鞭を持参するようにということでございました。
以前ですと苦手な鞭などを持参するように言われると暗い気持ちになりましたが最近は少し変わってまいりました。
K様がなさることに抵抗無く従うことが当たり前になってきたのです。
青犬にもK様にお仕えするということがどういうことなのか少しはわかってきたのかもしれません。

その日のK様はSモード《強》に入っていらっしゃったらしく最初から土下座させられました。
まず、おみ足ビンタを十数発。
「う~ん、顔の形が変わらないなぁ・・・。」と、ちょっと不満そうなご様子で今度は普通のビンタを十数発。
「あ~ん、手が痛くなっちゃった。」
青犬の頬はもう感覚がなくなるくらい麻痺して熱く火照っておりました。
きっとまた先日無数のビンタを頂いたときのように頬全体が腫れあがってしまっているのでしょう。

次は持参した鞭をお使いになります。
順番は覚えておりませんが胸、背中、肩、内腿、身体中を打たれました。
特に肩と内腿はじっくりと念入りに責められます。
傷痕や痣を残すのがお好きなK様は同じ部位を繰返し繰返し叩かれるのです。
肩も内腿も内出血をして赤黒い鞭痕がつき始めました。
打たれている間はずっとK様のお顔から目を逸らさずに苦悶する様子をお見せしなければなりません。
一発頂戴する毎に「うっ、くぅ~っ、ぐぅ~!」と思わず声を出してしまいます。

「お前、どうして叩かれるのかわかる?」
もしかして気づかずに何か粗相をしてしまったのではと一生懸命に思い出そうとしますが何一つ思い当たりません。
「わからないの?」
「はい、申し訳ございません・・・わかりません。」
「ふ~ん、わからないんだ・・・・。」
青犬はその間中生きた心地もしませんでした。

「お前が奴隷だからよ!!!」
それが答えだったのです。
そうだった・・・そんな当たり前のことに愚かにも気がつかなかったのです。
何か粗相をしなければ罰せられないというどこか甘えた気持ちがあったのだと思います。
青犬をいつどうしょうとそれはK様の自由だということを忘れかけていたのかもしれません。
K様から有難いお言葉を頂き、奴隷とは何であるかを改めて頭に叩き込みました。

K様Comment(8)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。