FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

乗られ地獄:後編

►2009/04/07 16:15 

残酷なな騎乗が続き青犬が息も絶え絶えになった頃 「ちょっと電話するから絶対に声を出すんじゃないよ!」 とのご命令が下りました。
「絶対に声を出したらだめよ!」と、念を押されます。
ダイヤルなさりながら青犬の顔にピッタリと当たるように位置を確かめながら騎乗なさいました。
太腿で両耳を挟まれているためほとんど内容はわかりませんがどうやらお友達とお話されているようです。
完全に呼吸を止められ苦悶する青犬をたまに思い出したように見下ろされてほんの一瞬だけ呼吸が許されます。
でもまたあっという間に無慈悲なお尻様の圧迫が続きます。
時々青犬の顔全体に擦りつけて自慰行為をお楽しみになりながら楽しそうにお話をなさっていて当分終わりそうもありません。
窒息状態であるだけでなく全体重が顔を押しつぶすのですからその苦しさは例えようもございません。
すでに限界を越えてからしばらくの間があり目の前が真っ暗になり『あ~もうだめだ・・・。』と、気が遠くなりかけたときにやっと通話が終わりました。

「ふふ♪ 息継ぎさせるのわすれちゃった♪」
「15分近く話してたよ、 どう少しは辛かった? 地獄の入り口くらいは見えたでしょ♪」
ぐったりしてお返事する余裕もない青犬が何もお答えできずにいると 「ん~?まだ、地獄の入り口まで行ってないのぉ? じゃあもう少しね♪」
楽しそうにお笑いになりながらまた騎乗が始まります。
今度は逆向きにお乗りになりました。
青犬の口はお○○○様にぴったりと塞がれ鼻はお尻の隙間に挟まれてアヌス様に押さえつけられます。
肩越しに振り向かれて残酷そうな薄笑いを浮かべながら見下ろすK様のお顔もだんだんはっきり見えなくなってまいりました。
おそらくこんなに辛い顔面騎乗を経験される方はそんなにいらっしゃらないのではないかと思います。
『乗られ地獄』・・・意識が朦朧とする中でK様がおっしゃった意味を今ようやく理解することができました。

スポンサーサイト
[PR]

K様Comment(19)Trackback(0) | Top ▲

乗られ地獄:前編

►2009/04/06 00:57 

K様から明日食事に付き合うようにという急な御命令を頂きました。
翌日、夕方4時過ぎにお会いし、お茶をご一緒してから食事をいたしました。
いつもですと夕方お会いしてお茶、食事、お茶で6時間くらいすぐに経過してしまいます。
その日は食事が終わってもまだ4,5時間時間がございました。
「どうしょうかぁ・・・?」
K様は青犬がお返事する前に歩き始めました。
そして自然にホテルの方角に・・・。
「たまには休憩というのをしてみよう♪」
そういえば休憩というものはあまりしたことがございませんでした。
「お仕事があるのに大丈夫ですか?」
「うん、今夜は必ずちゃんと帰るから大丈夫。」

部屋に入るとまずいつものようにソファでお飲み物を召し上がります。
青犬は床に座ってしばらくお話を・・・ここまではいつもと変わらなかったのですが。
その日は突然青犬をベッドに押し倒して胸の上にお乗りになりました。
『もしかしたら・・・先日おっしゃった「乗られ地獄」を実行なさるのでは?』、そんなことが頭を過りました。
来週、お泊りをなさるご予定でしたのでまさか今日とは予想しておりませんでした。
すでに下着をお取りになって黒のキャミソールだけになっていらっしゃったK様が胸から首のほうにそして顔の上に移動なさいました。
その部分はもうじっとりと汗ばんで青犬の顔面に吸い付くように覆いかぶさります。
両太腿で顔を曲げられないようがっちりと締め付けられ全体重を顔だけで受けなければなりません。
青犬の鼻はK様のお○○○様の中に埋没し口はちょうどアヌス様にピッタリと当てられています。
K様の太腿の隙間から恐る恐る見上げると優越感に浸りきったK様がサディスティックに唇を歪めながら見下ろしていらっしゃいました。
青犬の手足は自由にされていましたが、『こいつは絶対に自分のほうからは逃れようとしない!』という強い自信がおありなのでしよう。
顔面騎乗をなさる方の多くはは危険を避けるためにギブアップの合図のようなものを決めていらっしゃると聞いたことがございます。
K様はそのようなことがとてもお嫌いなので気が済むまでご自分のペースで騎乗なさいます。
「自分が許したとき以外は絶対に呼吸させず、たとえ気絶しようが失神しようが耐え続けるのが奴隷として当然!」、というお考えなのです。

                                              後編に続きます

K様Comment(2)Trackback(0) | Top ▲

予告されました

►2009/04/02 13:16 

最近はK様も青犬も仕事が忙しくてなかなか長時間ご一緒できません。
喫茶店やレストランにお供するだけで青犬を苛める機会がなかったせいか少々物足りない御様子です。
先日、外を歩いていたとき「最近ちょっと体重が増えちゃった。」とぽつりとおっしゃいました。
まったく気がつきませんでしたがそういわれれば少しボリュームが増したような気もいたします。
超ミニスカートにタイツというお体にピッタリとフィットしたお洋服でしたからなおさらそう感じたのかもしれません。
K様の身長は160数センチくらいとそれほど高いほうではありませんがとても魅力的なお身体の持ち主です。
特にお尻の形が素晴らしく下半身フェチの青犬は拝見するだけでうっとりとしてしまうのです。
いわゆる平べったい和尻ではなく厚みがありアップした外国人女性のようなお尻だと思います。
上半身と下半身には適度なヴォリュームがありウエストが形よく括れたとても美しいプロポーションです。
「お尻が大きくなっちゃったぁ・・・次回は乗られ地獄よ♪」
「はい、ありがとうございます。」
そうお返事いたしましたが複雑な心境でした。
以前でしたら手放しで喜んでいたのですが、最近はその恐ろしさも十分過ぎるくらい教え込まれたからです。
皆様ご存知のように妄想と現実のギャップは想像以上に大きく、甘い期待をすると必ず後悔させられることになってしまいます。
何度もそんな経験を繰り返すことで想像力に欠ける青犬でもだんだん予想できるようになりました。
望むべきか・・・望まざるべきか、考えてみても青犬には選択権が与えられていないので無駄なことですね。
毎回のことですがK様のその日のご機嫌が麗しく、なんとかそれほど酷い目に遭わずにいられたらと願ってしまいます。
Mのくせにどうして? と、お思いになるかもしれませんが青犬の場合は執事下男タイプの妄想派Mですから実技(?)は苦手なのです。
本音を正直に書いてしまいますとやはりMですから、少しだけ辛く少しだけ苦しく少しだけ屈辱感を味わえるというのが理想ですが・・・。
でも・・・必ずといってよいほど自分が望む何倍も酷い目に遭わされてしまうのですから現実は甘くありませんね。

K様Comment(4)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。