FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

忘れ物

►2009/02/11 08:40 

ノロウィルスに感染してからしばらくK様にお会いできずにおりましたが先日お呼び出しがございました。
じつはその数日前にメールで「自涜のご許可願い」をいたしましたが却下されてしまいました。
「お伺いをたてるならともかく御願いされるのは嫌いだな。」
あわててメールでお詫びさせて頂きました。
そんなことがあった後でしたのでもしかしたらご機嫌が悪いのではと懸念いたしておりました。
当日、待ち合わせ場所にお迎えに上がると 「鞭持ってきた?」と、尋ねられました。
いつもですと何か持参すべき道具類がある場合は前日にご指示がございます。
その日は何もご指示を頂かなかったこととこの数ヶ月間鞭を御使用にならなかったため必要ないと思ったのです。
「ふ~ん、あたしが持ってこいと言わないと持ってこないんだ?」
K様がこうなってしまったらもうお詫びし続けるしか選択肢はございません。
青犬はひたすらお詫びの言葉を繰返しました。
しばらくすると「もう、機嫌直った♪」とのお言葉を頂きほっと胸を撫で下ろしたのですが・・・。

ホテルに入ってすぐにルームサービスで食事を済ませました。
そのときまでたしかにK様のご機嫌はよかったのですが時間が経ってまたお怒りが蘇ってしまわれたようです。
「お前、なぜ鞭を持ってこなかったの? 嫌いなものは持ってこないの?」
「申し訳ございませんでした。」また、お詫びを繰り返します。
まず、土下座した青犬の頬にベッドにお座りになったK様のおみ足ビンタが飛んでまいりました。
右・・・左・・・また右、バシンバシンと交互に強烈なおみ足ビンタを頂きます。
その後、今度は普通のビンタを数発、もちろんK様のお顔から目を離さないようにしてお受けしなければなりません。
その次は入り口に設置されていた靴ベラを鞭代わりにして体中を叩かれました。
四つん這いになった青犬の周りを回りながら、肩、お尻、太腿、内腿と硬く重い樹脂製の靴ベラで打たれます。
こんなときはK様のお怒りが静まるのをただただ祈り続けるしかございません。
不規則に襲ってくる鋭い痛みと鈍く重い痛みに体中が火照り脂汗が滲んでまいります。
「あたしが鞭を使いたいときは何も言わなくても持ってくればいいの!」
「あたしに仕えるということはそういうことなのよ!」
「わかったぁ~?」
「はい、よくわかりました。申し訳ございませんでした以後気をつけます。」
「じゃ~謝れ!」
あわてて頭を床に擦りつけてお詫びいたします。
床につけた青犬の頭をK様のおみ足がグイグイと踏みにじりました。
「自分が悪かったことがわかったか?」
頭を踏みつけられながらお詫びの言葉を申し上げます。
「今日は許してやるから以後気をつけなさい!」
やっとお許しのお言葉を頂くことができ、K様のご気分が晴れたことをとても嬉しく思いました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

K様Comment(16)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。