FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

ついに・・・

►2008/12/22 04:07 

CA32ILFZ.jpg

ついに来るときがやって来てしまったようです。
K様は青犬の恐れ慄く表情をじっくりと観察できるように胸のあたりに跨り直しました。
手にはいつの間に用意なさったのか恐ろしい乳首固定用のペンチのような道具が握られております。
青犬の反応を楽しまれているかのようにゆっくりと準備をなさっていらっしゃるお姿は本当に楽しげでございました。
まるで酔ったような美しい目がきらきらと輝き嗜虐の喜びに手が震えているように見えました。
青犬も初めて拝見するK様の御様子でしたので少し驚きましたがそれほど今回のことを楽しみにしていらっしゃったのだと思います。

まず、右側の乳首をペンチのような専用器具でしっかり挟み固定なさいました。
後でうかがったのですがこれがあるとニードルが真直ぐに刺さるので綺麗に穴が開くそうです。
想像以上に大掛かりな準備をなさっていらっしゃったのですね。
無知な青犬は以前マチ針を通されたときのようになさるのかと思っておりましたがまったく違いました。
今回の針はちらっと見ただけですがかなりの太さがある上に長さもあるので迫力十分でした。
これが直径5ミリ弱しかない乳首に貫通すると思うと不安な気持ちが募ります。
どうやら執行の準備が整ったようでございます。
いよいよK様の奴隷である証となるピアスが装着されてしまうのです・・・。

「いくよ~♪」

K様は怖がる様子を楽しまれるかのように舌なめずりをしながら青犬を見据えます。
今まで何度もK様のサディスティックな表情を美しいと感じてまいりましたが、今回は特別でした。
虐げる喜びに陶酔なさったK様のこんなにお美しお姿は拝見したことがございません。
不思議なことにそのお姿を拝見したとたん青犬の恐怖心や不安は嘘のように無くなってしまったのです。
『K様、どうかご自由になさって下さいませ!』
青犬は心の中でそう叫んでおりました。
その瞬間、「ブスッ」という感触がありあっという間に施術は終わりました。
相当の出血があつたらしくK様が優しく拭って下さいました。
かなりの痛みを感じたような気がいたしますがはっきりとは思い出せません。
青犬の網膜にはその瞬間まるでオルガスムスに到達なさったようなK様のお美しい表情だけが焼き付けられております。

「フゥ~・・・」
K様は大事な一瞬を反芻なさるようにため息をつきながら余韻を楽しんでおられました。
「ほら、見てごらん♪」
青犬の鼻のあたりにK様は大事な部分を近づけて下さいました。
「凄いでしょ?鼻を入れてみて♪」
K様のそこは溢れるばかりに潤っておりましたので今回のことがどれほど大事な行為だったかが青犬にもわかりました。

スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

K様Comment(10)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。