FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

K様専用汚物処理奴隷

►2008/09/29 08:00 

na60.jpg
青犬の口の中に集めた角質を放り込んだ後ののK様は、『こいつには何をさせてもいいんだ。』と、いうお気持ちが強くなられたのだと思います。
『どんなに汚いものでも自分の命令なら感謝して口に入れる・・・そういう卑しい生き物なのだから・・・。』

トイレをご使用になった後、「こっちに来て!」と、お呼びがかかりました。
お待たせしてご機嫌を損じたりしないように急いで飛んでまいります。
足を伸ばし、手を後ろに着けて体を支える姿勢で洗面台の前に座らされました。
乱暴に髪を鷲掴みにされてK様のお尻の割れ目の間に顔を挟み込まれ口にアヌス様をぴったりと押し付けられます。
「口を開けて!」
いつになく厳しいお声でK様からご指示が下ります。
青犬はその時点では何をされるのかまだよくわかっておりません。
K様のご気分次第なので何が起きるかまったく予測できないのです。
この姿勢にさせるということは・・・『お尻水をお与え下さるのか?』『後始末なのか?』『もしかしたら・・・直接口の中に排泄をなさるのか・・・?』
不安に駆られながら唇をアヌス様にぴったりと付けて待機する時間が過ぎていきました。


まだ、青犬が若い頃・・・20歳になったかならなかったかの頃でございました。
たった1度だけでしたが『黄金拝受』らしき経験をしたことがございます。
青犬は排泄物愛好者ではなかったのですが、ただ何となく一度くらい経験しておきたい・・・そんな気持ちだったのだと思います。
現実は妄想していた世界と比べあまりにもギャップがあり過ぎました。
いくら気持ちが望んでも体が拒絶反応を起こしてしまうのです。
何分の一かは意地で無理やり呑み下しましたが・・・やはり嘔吐してしまいました。
そうなるともうまったく受け付けなくなってしまいます・・・不潔感、嫌悪感に襲われてしまうのです。
忘れたかった経験ですのであまり詳しくは覚えておりませんが、大変困難だということだけは学習できました。あれから数十年の時が流れましたが・・・克服はおろか経験することもできませんでした。


そんなことが頭を駆巡りながらの待機時間・・・時間にしたら数秒のことだったのかもしれません。
突然、アヌス様から『お尻水』が青犬の口の中に注ぎ込まれます。
しかし、注ぎ込まれたのは水だけではなかったのです・・・あきらかに黄金らしき固さの感触を舌が感じ取りました。
青犬は慌てて呑み込みました、もし続いて入ってきたときのために味わっている余裕などなかったのです。
K様は上から振り返るように見下ろしながら青犬の髪を掴み絶対口を離せないようにお尻の割れ目に挟み込みます。
その眼差しは先ほど角質を青犬の口に放り込んだときのそれとはまったく違いました。
薄笑いを口元に浮かべて嘲笑なさるような眼差しではなく、もっと強く見下すという感じでしょうか・・・。
『こいつは家畜以下の存在・・・何をさせてもいい道具なのだ。』という確信と威厳に満ちたお顔でございました。

はっきりとした固形物は最初の一回だけでした・・・その後は数回に分けて流動物のような状態のものを排泄なさいました。
不思議なことに数十年前の経験とは異なりまったく嫌悪感も体が拒絶する感覚もありません。
心の底から感謝の気持ちが湧いてくるだけなのです。
『あ~、これがご主人様に従うということなのだ・・・。』
生まれて初めてマゾヒズムの深淵を垣間見たような気がいたしました。

K様はこの1年半の間、排泄物や分泌物など御身体から出て捨てられるものをいろいろお恵み下さいました。
正直に申し上げますと最初から好きだったというものはございません・・・怖々頂いてまいりました。。
普通の人達と同じように青犬にも最初は抵抗があったのです。
でも、K様の御身体から出されたものだと思うと不潔感や嫌悪感などをまったく感じることなく感謝の気持ちをもって頂くことができました。
青犬はマゾとして長いこと生きてきながら、今まで『本当の従う喜び』を知らずにいたのです。


                                       (画像は春川ナミオのイラスト)




スポンサーサイト
[PR]

K様Comment(18)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。