FC2ブログ

スポンサーサイト

►--/--/-- --:-- 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | Top ▲

御懲戒④

►2008/09/07 19:50 

悪魔の拘束具
鞭の後は再びソファにお座りになり青犬の首にに犬用の首輪と革製のリードを装着なさいました。
そしてそのリードの手を通す部分にご自分の足首を通されます。
つまりリードを手でお引きになるのではなくおみ足を使われるためでした。
そして青犬のペニスには皮製の拘束具を装着させられます。
内側に鋭く長い鋲が数本埋め込まれた恐ろしい責め具でございます。
ペニスが膨張すると鋲が刺さり地獄の苦しみに襲われるのですが数本のベルトで固定されるため逃れることはできません。
K様にとっては青犬に劣情を催させることなどいとも簡単なことでございます。
おみ足を高く御組みになり青犬を上から見据えるだけで拘束具の効果がすぐに表れます。
思わず「グェ~ッ・・・ヒィ~・・・。」と悲鳴をあげずにはいられません。
慌ててK様から目を逸らせて苦痛から逃れようといたしますが・・・「ちゃんと私のの目を見てなさいっ♪」と厳しいお声がかかります。
さらにリードを引っ張って顔を固定させておみ足の先で青犬の鼻を苛めたり、わざと下着を見せつけたりして青犬を悩殺なさいます。
その度に拘束具の中の鋲にペニスを突きたてられ苦しまされるのでした。

                  
                                    ( 画像は「悪魔の拘束具」)


                                        


                                     もう嫌っ!・・・でも、続きます


スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

K様Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

御懲戒③

►2008/09/07 16:00 

ベッドに上半身だけうつ伏せに乗せられ鞭打ちが始まります。
その日、お使いになった鞭はK様がわざわざ外国から取り寄せられたもので長さこそ1メートル弱くらいしかありませんがしっとりと重くかなりの威力がある鞭でございました。
青犬はMのくせに鞭などは大の苦手で純粋に苦痛しか感じません。
これから始まる苦痛がどれほどのものか考えると不安で胸が一杯になってしまいます。
いつもでしたらK様は多少手心を加えて下さるのですが・・・その日はそういうわけにはまいりませんでした。
青犬の背中から腰や尻まで広い範囲に鞭が思い切り振り下ろされます。
バシッ・・・バシーッ・・・バシーッと何度も々鋭い痛みが情け容赦なく襲ってきました。
後でお聞きしましたが、ご自分でカウントなさりながら力一杯打って下さったそうでございます。
苦痛にのた打ち回っていた青犬の耳にはほとんど聞こえませんでしたが・・・。
もし、口に咬まされた猿轡がなかったら絶叫していたかもしれません。
数えている余裕などまったくありませんでしたが何となく50~100発位は頂いたと思っておりました。
それが後でK様に伺うと、「200発まではカウントしたけど後は覚えてない・・・たぶん300発近いんじゃない♪」ということでございました。
こんなに鞭を頂戴したのはもしかしたら生まれて初めてかもしれません・・・。

                                             まだ・・・続きます




K様Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

御懲戒②

►2008/09/07 09:24 

<御懲戒頂いた日のことを書いてみましたがかなり長くなってしまいましたので数回に分けさせて頂きました。



K様からの御懲戒を受けてまいりました。
しかし御懲戒中、かなりの緊張と恐れと苦痛があったためか何をされたのか記憶が曖昧でそれらの前後関係もはっきりとは思い出せないのです。
ブログを書くためには止む終えません・・・先ほど勇気を出してK様にお教え下さるよう御願いをいたしました。
さすがK様はなさったことを細部まではっきりと記憶していらっしゃいました。
青犬は嵐の中で大波に飲まれた小船のような状態でしたからしょうがないかもしれませんね。
でも、K様のおかげでだんだんはっきりと記憶が蘇ってまいりました。
部屋に入るとまず・・・全裸になるようにとのご命令でございます。
いつもは失礼がないように下着だけは付けさせて頂いておりますがその日は特別でした。
K様は黒のキャミソールと黒の小さな下着という目の眩むようなお姿でございます。
まず、ソファに深くお掛けになったなったK様の前に土下座をさせられます。
栗色の美しい御髪を指で梳かれたと思った瞬間・・・強烈なおみ足ビンタが青犬の頬に飛んでまいりました。
左右のおみ足が腰を中心にして大きな角度で代わる代わる振り下ろされるのでございます。
一発頂くごとに「バシーンッ!」と脳が揺れるような衝撃を感じます。
スポーツがお好きなK様のおみ足は強靭かつしなやかで恐ろしい凶器のように見えました。
青犬は頭が朦朧としてしまい何度か倒れそうになりましたがもし倒れでもしたらどれだけお怒りをかうかと思い夢中で踏ん張ったのです。
普段でもK様のおみ足ビンタはかなりの威力なのですが今回はまったく手加減なしでお怒りにまかせてでしたから本当に強烈でございました。
おみ足ビンタの嵐がやっと過ぎると今度は青犬の髪を掴んでベッドの上に引き倒し横から思い切り顔を蹴られました。
ビンタの場合は足の裏の柔らかい部分が当たるのですが、そのときはおみ足の裏全体・・・というか踵の部分だったと思います。
グワァ~ンという首が折れそうなほどの強い衝撃が青犬を襲いました。

                                            怖いけど・・ 続きます

K様Comment(0)Trackback(0) | Top ▲

 | Blog Top | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。